佐賀県江北町トップへ

不妊治療費助成

最終更新日:
 

不妊治療費の助成

不妊治療を受けるご夫婦を対象に経済的な負担の軽減を図るため、その治療に要する費用の一部を助成します。 

 

助成内容

佐賀県不妊治療支援事業の補助金交付を受けた夫婦に対し、1回の治療に要した費用のうち、佐賀県から受けた補助金の額を差し引いた額について、10万円を限度に助成します。人工授精及び体外受精及び顕微授精については、1年度の限度額は合わせて20万円まで、男性不妊治療については、1年度の限度額は10万円までとなります。

 

 

対象となる治療

  • 人工授精(保険外診療分)
  • 体外受精及び顕微授精(保険外診療分)
  • 男性不妊治療(体外受精及び顕微授精の治療の一環として精子を精巣又は精巣上体から採取するための外科的手術を伴う治療)
 

 

対象となる方

  • 法律上の婚姻をしていること
  • 夫婦の双方が申請する日の1年以上前から引き続き町内に住所を有していること
  • 体外受精、顕微授精以外の治療法によっては、妊娠の見込みがない又は極めて少ない夫婦と医師に診断されていること
  • 佐賀県不妊治療支援事業による助成を受けていること
  • 町税などの滞納がないこと
 

 

申請手続き

佐賀県不妊治療支援助成承認決定通知書を受け取った後、次の必要書類をそろえ、江北町役場 福祉課保健係へ申請してください。

 

 

申請に必要な書類

  •  不妊治療費助成交付申請書(ワード:49キロバイト) 別ウインドウで開きます(様式第1号)
  • 江北町不妊治療費助成事業に係る受診等証明書(様式第2号)又は佐賀県不妊治療支援事業に係る受診等証明書
  • 不妊治療実施指定医療機関が発行した領収書
  • 佐賀県不妊治療支援助成承認決定通知書の写し
  • 申請者名義の金融機関の預金通帳
  • 印鑑
  • 戸籍謄本又は婚姻を証明できる書類 (公簿等により婚姻関係を確認できない場合に限る)

※佐賀県で不妊治療費支援事業を行っていますので、先に県への申請を済ませ、承認決定通知がきてから町に申請してください。

※助成金の申請は、1回の治療が終了した日の属する年度内(3月31日まで)に行ってください。ただし、2月1日以降になった場合は、翌年度の4月30日までとします。


 

 

不妊相談

不妊・不育で悩んでいる方、相談してみませんか。
「佐賀県不妊専門相談センター」では、医師や専門の相談員が「不妊症」や「不育症」について、無料で相談に応じています。1人で抱え込まず、専門家の相談を受けてみませんか?

面接相談(保健師、医師、臨床心理士)は、予約制で無料です。

【お問い合わせ先】

佐賀県不妊専門相談センター(佐賀中部保健福祉事務所)

電話:0952-33-2298



 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:748)

江北町 法人番号 7000020414247
〒849-0592  佐賀県杵島郡江北町大字山口1651番地1   Tel:0952-86-21110952-86-2111   Fax:0952-86-2130   メールアドレス

[開庁時間] 月曜日~金曜日 午前8時30分から午後5時15分まで(国民の祝日、休日、年末年始を除く)

Copyrights(c)2018 town kouhoku All Rights Reserved