佐賀県江北町トップへ

軽自動車税

最終更新日:

 軽自動車税(環境性能割)の創設に伴い、 従来の軽自動車税の名称が「軽自動車税(種別割)」に変わりました。

これにより、軽自動車税は「環境性能割」と「種別割」の2つで構成されます。

軽自動車税(種別割)は、毎年4月1日現在で町内に主たる定置場(駐車場等)がある軽自動車等を所有している人に課税されます。

課税対象は、原動機付自転車、二輪の軽自動車、二輪の小型自動車、小型特殊自動車及び軽自動車となります。
 また、普通自動車税と異なり、軽自動車税には月割課税制度はありません。
年度の途中で車両の取得や喪失をしても当該年度の追加課税や還付はありません。
 
 ※4月2日以降に廃車した場合であっても、当該年度の税金が全額かかります。
 ※4月2日以降に新規に取得した場合は、当該年度の税金はかかりません。

 

 

1.原動機自転車、二輪の軽自動車、二輪の小型自動車及び小型特殊自動車 (種別割)

【原動機自転車及び二輪車等の税率】

車種

排気量

税額(年税額)

原動機付自転車(第一種)

 総排気量が50cc(0.6kw)以下のもの

2,000円

原動機付自転車(第二種【乙】)

 総排気量が50cc(0.6kw)を超え90cc(0.8kw)以下のもの

2,000円

原動機付自転車(第二種【甲】)

 総排気量が90cc(0.8kw)を超え125cc(1.0kw)以下のもの

2,400円

原動機付自転車 ミニカー ※1

3,700円

二輪の軽自動車 総排気量が125ccを超え250cc以下のもの

3,600円

二輪の小型自動車 総排気量が250ccを超えるもの

6,000円

小型特殊自動車 農耕作業用(トラクター等)

2,400円

小型特殊自動車 特殊作業用(フォークリフト等)※2

5,900

※1 ミニカーとは、三輪以上で総排気量が20cc(0.25kw)を超え50cc(0.6kw)以下のもののうち、輪距間の距離が50cmを超えるものまたは車室を備

  えるものをいいます。ただし、車室の側面が構造上開放されていて、かつ輪距間の距離が50cm以下の三輪(屋根付三輪)は除かれます。

※2 公道を走行するしないに関わらず、道路運送車両法施行規則別表第一における「小型特集自動車」に該当すれば軽自動車税が課税されます。

  ただし、「大型特殊自動車」に該当する車両は、固定資産税(償却資産)が課税されます。

 

 

2.三輪・四輪の軽自動車(種別割)

・平成27年3月31日までに最初の新規検査をした車両(初めて車両番号の指定を受けた車両)は、最初の新規検査から13年までは旧税率のままです。

・初めて車両番号の指定を受けた月から13年を経過した車両(電気自動車等を除く)は、平成28年度から次の表の経年重課の税率が適用されます。

 

【三輪及び四輪以上の軽自動車の税率】

排気量

用途

区分

営業用

自家用

税額(年税額)

 平成27年3月31日以前に最初の新規検査をした車両

【旧税率】

税額(年税額)

 平成27年4月1日以降に最初の新規検査をした車両

【標準税率】

税額(年税額)

 最初の新規検査から13年を経過した車両

【重課税率】※1

 三輪で総排気量が

 660cc以下のもの

なし

なし

 3,100円

 3,900円

 4,600円

 四輪以上で総排気量が

 660cc以下のもの

乗用

営業用

 5,500円

 6,900円

 8,200円

 四輪以上で総排気量が

 660cc以下のもの

乗用

自家用

 7,200円

 10,800円

 12,900円

 四輪以上で総排気量が

 660cc以下のもの

貨物

営業用

 3,000円

 3,800円

 4,500円

 四輪以上で総排気量が

 660cc以下のもの

貨物

自家用

 4,000円

 5,000円

 6,000円

※1 電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ハイブリッド自動車(ガソリン)および被けん引車は除きます。

 

【環境負荷の小さな車(グリーン化特例)の税率】 ※平成31年4月1日から令和3年3月31日までに最初の新規検査を受けた三輪以上の軽自動車

排気量

用途

区分

営業用

自家用

税額(年税額)

標準税率

税額(年税額)

25%軽減 ※2

税額(年税額)

50%軽減 ※3

税額(年税額)

75%軽減 ※4

三輪の電気/天然ガス車

三輪で総排気量が

660cc以下のもの

なし

なし

 3,900円

 3,000円

2,000円

1,000円

四輪以上の電気/天然ガス車

四輪以上で総排気量が

660cc以下のもの

乗用

営業用

6,900円

5,200円

 3,500円

1,800円

四輪以上の電気/天然ガス車四輪以上で総排気量が

660cc以下のもの

乗用

自家用

10,800円

8,100円

 5,400円

2,700円

四輪以上の電気/天然ガス車四輪以上で総排気量が

660cc以下のもの

貨物

営業用

3,800円

2,900円

1,900円

1,000円

四輪以上の電気/天然ガス車四輪以上で総排気量が

660cc以下のもの

貨物

自家用

5,000円

3,800円

2,500円

1,300円

平成31年4月1日から令和3年3月31日までに最初の新規検査を受けた三輪以上の軽自動車(新車に限る)のうち、排出ガス性能および燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、当該取得をした日の属する年度の翌年度分の軽自動車税に限り、軽自動車税を軽減する特例措置。グリーン化特例(軽課)を適用された車両については、翌年度以降は標準税率が適用されます。
※2 乗用:窒素酸化物の排出量が平成30年ガソリン軽中量車基準値より50%以上少ないもの又は、平成17年ガソリン軽中量車基準値より75%以上少ないものであって、燃費性能が令和2年度燃費基準値より10%以上良いもの
    貨物:窒素酸化物の排出量が平成30年ガソリン軽中量車基準値より50%以上少ないもの又は、平成17年ガソリン軽中量車基準値より75%以上少ないものであって、燃費性能が平成27年度燃費基準値より15%以上良いもの
※3 乗用:窒素酸化物の排出量が平成30年ガソリン軽中量車基準値より50%以上少ないもの又は、平成17年ガソリン軽中量車基準値より75%以上少ないものであって、燃費性能が令和2年度燃費基準値より30%以上良いもの
    貨物:窒素酸化物の排出量が平成30年ガソリン軽中量車基準値より50%以上少ないもの又は、平成17年ガソリン軽中量車基準値より75%以上少ないものであって、燃費性能が平成27年度燃費基準値より35%以上良いもの
※4 乗用貨物:電気軽自動車及び天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス基準に適合するもの又は、平成21年天然ガス車基準に適合し、かつ窒素酸化物の排出量が同基準値より10%以上少ない車両
 

【環境負荷の小さな車(グリーン化特例)の税率】 ※令和3年4月1日から令和5年3月31日までに最初の新規検査を受けた四輪以上の軽自動車

排気量

用途

区分

営業用

自家用

税額(年税額)

標準税率

税額(年税額)

25%軽減 

税額(年税額)

50%軽減 

税額(年税額)

75%軽減 ※5

四輪以上の電気/天然ガス車

乗用

自家用

10,800円

 該当なし

該当なし

2,700

※5 令和3年4月1日から令和5年3月31日までに初回車両番号の指定を受けた四輪以上の軽自動車(新車に限る)のうち、電気軽自動車及び天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス基準に適合するもの又は、平成21年天然ガス車基準に適合し、かつ窒素酸化物の排出量が同基準値より10%以上少ないもの

 

3.軽自動車税(環境性能割)

 令和元年10月1日から自動車取得税が廃止され、新たに自動車税(環境性能割)が創設されました。
 軽自動車税(環境性能割)とは、自動車の燃費性能等に応じて、新車・中古車を問わず取得された車両に対して課税されます。
 
申告と納税
 軽自動車の新規登録、移転登録などを運輸支局で手続きをする際に、納めていただきます。
 
税金の算出方法
 自動車の取得価格×税率 (取得価格50万円以下は課税されません)
 
【軽自動車の環境性能割の税率】
対象車 自家用

営業用

電気自動車・天然ガス軽自動車(※1 非課税 非課税
★★★★かつ令和12年度燃費基準75%以上達成車
(令和2年度燃費基準達成車に限る)
★★★★かつ令和12年度燃費基準60%以上達成車
(令和2年度燃費基準達成車に限る)
1.0%0.5%
★★★★かつ令和12年度燃費基準55%以上達成車2.0%1.0%
上記以外の車 2.0% 2.0%
★★★★とは、平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス基準75%低減達成車を指す。
※1 電気自動車(燃料電池自動車含む)
    天然ガス自動車(平成21年排出ガス規制Nox10%低減又は平成30年排出ガス規制適合)

 

【軽自動車(自家用乗用車)の環境性能割の臨時的軽減】

 令和3年度税制改正により、軽自動車の自家用乗用車を購入する場合に環境性能割の税率1%分が軽減される臨時的軽減措置の期間(令和3年3月31日まで)が9か月延長され、令和3年12月31日までの取得が軽減措置の対象となります。

対象車(自家用乗用車) 通常の税率 臨時的軽減後の税率
(令和元年10月1日から

令和3年12月31日までの間)

電気自動車・天然ガス軽自動車(※1 非課税 非課税
★★★★かつ令和12年度燃費基準75%以上達成車
(令和2年度燃費基準達成車に限る)
★★★★かつ令和12年度燃費基準60%以上達成車
(令和2年度燃費基準達成車に限る)
1.0%非課税
上記以外の車 2.0% 1.0%
★★★★とは、平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス基準75%低減達成車を指す。
※1 電気自動車(燃料電池自動車含む)
    天然ガス自動車(平成21年排出ガス規制Nox10%低減又は平成30年排出ガス規制適合)
 
 

4.手続き

軽自動車等を所有、譲渡又は住所が変更になったときには下記のとおり申告してください。
 

【手続き一覧】

対象車種

届出事由

届出に必要なもの

届出先

原動機付自転車(ミニカー含む)・小型特殊自動車(トラクター・フォークリフト等)新規登録(新車・廃車済)

・車両情報(車体番号及び車両型式、原動機の型式等)

・譲渡(販売)証明書

・新所有者の印鑑

江北町役場 町民生活課

TEL:0952-86-5613

原動機付自転車(ミニカー含む)・小型特殊自動車(トラクター・フォークリフト等)名義変更(江北町内)

・車両情報(車体番号及び車両型式、原動機の型式等)

・譲渡(販売)証明書

・新所有者の印鑑

江北町役場 町民生活課

TEL:0952-86-5613

原動機付自転車(ミニカー含む)・小型特殊自動車(トラクター・フォークリフト等)名義変更(江北町外)

・旧標識(町外ナンバープレート)

・車両情報(車体番号及び車両型式、原動機の型式等)

・譲渡(販売)証明書

・新所有者の印鑑

江北町役場 町民生活課

TEL:0952-86-5613

原動機付自転車(ミニカー含む)・小型特殊自動車(トラクター・フォークリフト等)廃車

<必須>標識(ナンバープレート)

・標識交付証明書

・所有者の印鑑

江北町役場 町民生活課

TEL:0952-86-5613

軽自動車・ 二輪の軽自動車新規登録・名義変更・廃車等届出先にお問い合わせください

軽自動車検査協会 佐賀事務所

佐賀市若楠2-10-8

TEL:050-3816-1754

二輪の小型自動車新規登録・名義変更・廃車等届出先にお問い合わせください

佐賀運輸支局

佐賀市若楠2-7-8

TEL:050-5540-2082

 

 

5.添付資料

 軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(エクセル:15.3キロバイト) 別ウインドウで開きます

 軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書(PDF:93キロバイト) 別ウインドウで開きます

 軽自動車税廃車申告書兼標識返納書(エクセル:14.5キロバイト) 別ウインドウで開きます

 軽自動車税廃車申告書兼標識返納書(PDF:93.3キロバイト) 別ウインドウで開きます

 譲渡証明書(ワード:30.5キロバイト) 別ウインドウで開きます

 譲渡証明書(PDF:68.8キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:558)

江北町 法人番号 7000020414247
〒849-0592  佐賀県杵島郡江北町大字山口1651番地1   Tel:0952-86-21110952-86-2111   Fax:0952-86-2130   メールアドレス

[開庁時間] 月曜日~金曜日 午前8時30分から午後5時15分まで(国民の祝日、休日、年末年始を除く)

Copyrights(c)2018 town kouhoku All Rights Reserved